実績の国分建設で理想の家を建てよう|家族が笑顔になれる場所

土地の広さと家族形態

家

プロと相談することが大切

卒業後、社会人となり結婚して家族が増える30代40代になると、自分の家を持ちたいと思う人は多くなります。特に子供が生まれたり、親と同居するといった家族形態になると、間取りの多い部屋を検討しなければならなくなる場合があります。家を購入する場合、マンションや一戸建て住宅かを決めます。一戸建ての場合、建売住宅か注文住宅にするかで大きな違いがあります。建売の場合は、すでに土地や住宅が決められていますが、注文住宅は自分でなにもかも決めることになります。注文住宅は自分の好みやスタイルなどを取り入れられる反面、自分で選ぶという大変さもあります。外観や外壁・間取り・内装・収納などを一つ一つ相談しながら作り上げていくのです。

失敗のない家にしたい

注文住宅を購入する場合、まず間取りを決めることになります。間取りは家族構成が大きくかかわります。子ども部屋や寝室・両親の部屋や和室など、土地の広さや高さ制限などを考慮して間取りを決める必要があります。注文住宅では収納の作り方で失敗した人も多く見かけます。収納は生活するうえでとても重要なスペースです。十分な収納量を確保することや、出し入れしやすいのもポイントと言えます。また、間取りでは日当たりや生活導線も生活するうえで必要になっていきます。建築に知識があれば別ですが、自分や家族だけですべてを決めると失敗につながることもあります。ハウスメーカーや建築のプロの意見も取り入れ、失敗したと後悔しない家づくりを目指しましょう。